ダイエットシェイク 作り方

MENU

流行のダイエットシェイクは自分で作るのがオススメ!作り方を徹底解剖!

芸能人やトップモデルが多数愛用していることで有名なダイエットシェイク。気になっているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

この記事ではそんなダイエットシェイクの作り方や種類について徹底解説しています。興味のあるという方は是非見てみて下さいね。

ダイエットシェイクって?

ダイエットシェイクとはフルーツや野菜などを原料として作られた文字通りダイエットのためのシェイク型ドリンクです。

 

 

 

置き換えダイエットというダイエットの名前を聞いたことがあるという方は多くいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ダイエットシェイクは置き換えダイエットで使うもの、という認識を持っておられる方がほとんどと言っても良いかもしれません。

 

 

 

ダイエットシェイクの良さは何と言っても手軽に作れて、無理なく食事制限と必要な栄養素の摂取を両立することが出来ことでしょう。

 

 

また、ダイエットドリンクの中には合成添加物まみれのものもある中、ダイエットシェイクは比較的天然素材を多く用いて作られているという点も見逃せませんね。

 

 

 

ダイエット、というとついつい無理をしてストレスの溜まるダイエット方法を実践してしまうことがありますが、ダイエットシェイクであればストレスを溜めることなく、快適にダイエットを行うことが出来ます。

 

 

例えば夕食を置き換えてダイエットシェイクで済ます場合、飲み物一杯だけではお腹が空いてしまうのでは、と思うかもしれませんが、大抵のダイエットシェイクにはお腹の中で膨らむ成分が含まれているので、空腹感を感じること無く過ごすことが可能です。

 

 

 

そんなダイエットに最適なダイエットシェイクですが、具体的にはどのような効果が得られるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ダイエットシェイクの効果

置き換えダイエットは2010年頃有名になり、現在では主要なダイエット方法のひとつにまでなりました。

 

 

 

確かに一食を必要最低限の栄養素を摂取するだけに留めて、食事を置き換えるというのはカロリーコントロールの観点から見ても合理的な方法と言えますよね。

 

 

 

そんな置き換えダイエットのお供として人気のあるダイエットシェイクには以下のようなダイエット効果が期待できます。

ダイエット中不足しがちな栄養素の補給

 

ダイエットの定番と言えば食事制限と運動ですが、運動をする時間がない方や運動を敬遠してしまう方の場合、ついつい無理な食事制限をしてしまうようです。

 

 

 

無理な食事制限をすると、身体が飢餓状態に入ったと勘違いしていくら摂取カロリーを抑えても体重が減らないという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

 

辛い思いをして食事制限をしているのに、体重は一向に落ちる気配がないとなると、かなり大きなストレスを感じてしまいますし、何よりダイエットを断念してしまいかねません。

 

 

 

ダイエットシェイクはそんな食事制限によって不足しがちな栄養素を手軽に補給できるため、無理な食事制限によって起こる体重が減らないという現象を未然に防いでくれます

簡単に作ることが出来る

 

ダイエットシェイクの詳しい作り方に関しては後述しますが、ダイエットシェイクは食事を作るより手軽に作ることが可能です。

 

 

 

例えば会社でお昼ご飯を食べる際はお弁当を作って持ってくるか、食事に出かけるかの二択になることが多いかと思いますが、どちらも手間が掛かってしまいますよね。特に食事に出かける場合は同じところに行きがちになりますから、太る原因を作ってしまいかねません。

 

 

 

お昼ご飯をダイエットシェイクに置き換える場合、シェイカーとシェイクの元を持っていけば簡単に作ることが出来るので、お昼の時間を有意義に過ごせますし、何より食べ過ぎによる眠気が起きるが無いため、午後からの仕事に集中することが出来ます。

満腹感がある

食事制限が続かない最大の理由は空腹感にあると言っても過言ではないでしょう。食事制限をしたことがあるという方はよく分かるかと思いますが、食事を減らして空腹感に堪えるのはかなりしんどいですよね。

 

 

 

ダイエットシェイクはそんなダイエットに大敵の空腹感を感じさせることなく、それどころかむしろ満腹感すら感じさせてくれるため、スムーズな食事制限が可能になります。

市販のダイエットシェイクの作り方

基本的にダイエットシェイクはパウダータイプで販売されており、水や牛乳などに溶かして作るものが大半です。

 

 

しかし、ここで問題なのがダイエットシェイクのパウダーがなかなか溶けないということ。特に水で溶かした場合は最悪で、いくら混ぜてもパウダーがダマになって完全に溶けてくれません。

 

 

 

ダイエットのためと割り切って飲むというのも手ではあるのですが、どうせ飲むのなら美味しく飲みたいですよね。

 

 

そんなときは少量のお湯を使って溶かしてみるようにしましょう。方法は簡単で、沸騰させたお湯をコップの1/5程度に注ぎ、その中に少しずつパウダーを入れてかき混ぜていくというもの。完全に溶けたところで牛乳をたっぷり注ぐと、美味しいダイエットシェイクの出来上がりです。

 

 

 

また、シェイカーを使ってかき混ぜるというのもダマを作らずダイエットシェイクを作るためにオススメです。シェイカーは100円ショップやスポーツ用品店で購入することが出来るため、出先で飲むことがあるという方は持っておいて損はないでしょう。

自作ダイエットシェイクの作り方

ダイエットシェイクを愛用しているという方の中には、自前でシェイクを作っているという方もいらっしゃるようです。

 

 

 

自作のダイエットシェイクには大きく分けて市販のダイエットシェイクにいくつかのフルーツや砂糖を入れて作るものと、好きなフルーツをミキサーにかけて作るものの2種類があります。

 

 

 

前者は市販ダイエットシェイクに加えてフルーツに含まれる栄養価を吸収できるメリットがあり、後者はミックスジュースのような感覚で飲めるため、どちらも愛用者が多いようです。

 

 

 

ここではネットで人気のある自作ダイエットシェイクの作り方をご紹介します。ダイエットシェイクを自作することに興味があるという方は是非見てみて下さいね。

 

市販のダイエットシェイク+フルーツ

  1. オレンジ、いちご、パイナップルをミキサーにかける
  2. ダイエットシェイク(ミルク、いちご味が良い)を作る
  3. ミキサーにかけたフルーツをダイエットシェイクに入れる

 

 

1で使うフルーツはベースとなるダイエットシェイクに応じて、また欲しい栄養素に応じて変えても構いません。

 

 

 

このレシピは市販のダイエットシェイクをそのまま飲んでいたけれど、味に飽きてしまったという方が多く活用しているようです。ダイエットシェイクはどれも飲みやすく美味しいものがほとんどなのですが、やはり毎日飲んでいるとどうしても味に飽きてしまいます

 

 

 

そんなときはこのレシピを思い出して、お好みのフルーツを入れてダイエットシェイクをアレンジしてみてくださいね。

 

 

 

また、あえてフルーツを粗くミキサーにかけることで、ダイエットシェイクに果肉感をプラスするというのも良いでしょう。

完全自作のダイエットシェイク

  1. 無調整豆乳、好みのフルーツ(柑橘系が特に相性◎)を用意する
  2. ミキサーに1で用意したものを適量入れて混ぜる

 

 

この豆乳を使ったダイエットシェイクはレシピ投稿サイトなどでも大人気で、多くの方が実践しているダイエットシェイクの作り方です。

 

 

 

フルーツは自分の好きなものを入れて作っても良いのですが、フルーツに含まれる栄養素を計算して作るようにすると、よりダイエット効果の高いシェイクを作ることができます

 

 

 

ただ、この方法の場合満腹感を感じさせてくれる成分が含まれないため、置き換えダイエットには不向きです。実際に活用する場合は食事の量を減らした上で、間食として飲むと良いでしょう。

まとめ

世の中にはたくさんのダイエット方法がありますが、ダイエットの基本となるのは食事制限と運動の2つです。しかし、どちらも普通に実践したのではなかなか続きませんよね。

 

 

 

そんなときはダイエットシェイクのようなダイエット中の悩みを解決してくれるものを用いて、快適なダイエットが出来るよう工夫してみましょう。

 

ダイエットシェイクランキングへ